Home > MapInfoの:多分昨日、今日と明日

MapInfoの:多分昨日、今日と明日

clip image00168 MapInfo: Yesterday, today and perhaps tomorrow

MapInfoのは、ESRI優位に競争力のある代替案として、定期的に普及しているソフトウェアです。 多くはこのツールについて書かれているが、私はこれによると、その能力よりもその傾向は上のレビューにこの記事を捧げたい 2008 Daratech社の調査 2008年には売上の面で7位に表示され、伝統の面で六 GIS。 どのように私は参加は今や成熟の良好なレベルを持っているオープンソース·プラットフォームを持っているか知っているのだろうか。

clip image00243 MapInfo: Yesterday, today and perhaps tomorrow

前には、以下のとおりです。
1。 ESRI
2。 ベントレー
3。 オートデスク
4。 インターグラフ
5。 GEエナジー(スモールワールド)
6。 ライカ(ERDAS以上)

clip image00330 MapInfo: Yesterday, today and perhaps tomorrow

昨日:ESRIに代わる

MapInfoのは、80年代のUNIX環境の両方から、をArcViewおよびワークステーションARC / INFOを意味両極端に対するマイクロソフトとのパートナーシップから競争すること、それは常に考慮されるように、極めて卑劣なアストラルよりも簡単、かつ他のいずれかで発生する。 それは、Windowsのようですが、MacintoshおよびUNIXの両方のバージョンと見えるので、だからこのシナリオでは、MapInfoのは、より友好的見通しと、ArcViewのより少し安いソリューションとして表示されます。

一方、残りは他の波にあった、ベントレーは、Intergraphのとして意味egeomates向かって軽微で、オートデスクは、そのCADの世界を戦っていた、GEスモールワールドは、(そうでない場合、GEのために、それが存在しなかったでしょう)夢の中でさえなかった。 今ライカに買収ERDAS、だったと他のアクセサリーに参加している存在でした6位で表示されます。

時間によって Windows 95が登場していただけ 我々は、非常にシンプルなものに驚いたが、それは絞首刑のプロセスを停止するにはESCボタンとして、MapInfoのに素晴らしいあった ズームプレビュー、リンク、OHPフィルム、多くに1を添付しやすく、多くへの多くを失うことなく、ディレクトリの変更。 ArcViewの2.1 MapInfoの垂直マッパーとの統合を行うことを、輪郭の作成などを行う、唯一のARC / INFOなかったこと事は運転していたが、我々はどのようなコスト(間10.000ドルと20.000ドル)で知っている。

その後、当時Ma​​pInfoの3倍までの戦いを続けたし、その問題についてのいくつかのことを思い出して精神的なギャップを登場ArcViewの2×で表された問題の専制政治に代わる素晴らしいでした。

今日では、強力なツール

MapInfoのユーザーは、出力製品生成のため(印刷用マップ)素敵であることを認めているイメージの治療におけるそれらの弱点を(バージョンでは前9〜)を知っているにもかかわらず、歯と爪でそれを守る。 いくつかの魅力的な機能に AutoCADの のようなスタイル、  制御とベクトル編集は、私を驚かせているものの間で制御層でPDFにエクスポート、またはサイドパネル、またはレイヤーをオフにオンにすることができる方法です。

clip image00422 MapInfo: Yesterday, today and perhaps tomorrow

何が起こったことはMapInfoのが公開会社となったことと、依存に clip image00514 MapInfo: Yesterday, today and perhaps tomorrowESRIとベントレーのような民間企業と比較した場合、誰がより多くのアクションは二つの例を与えるように、複雑になってきた。 以前のバージョン7に、バージョン8の前と前のバージョン9へ:だからそれは、これらの異なる段階を考慮しなければならないMapInfoのかを確認します。 したがって、これらのは、自社の製品に厳格である ライフサイクル.

我々は、ArcViewの9xの(拡張子なし)に対してMapInfoのを測定する場合は、両方のは、ペナルティーキック、そして機能性の面でMapInfoの勝に行きます。 我々はそれを測定する場合マニホールド、MapInfoのはegeomatesと価格の面で失ったが、出力製品の生成とフレンドリーな環境で勝利。 だからMapInfoのは、デスクトップ用が、Webだけでなく、カスタムアプリケーションを構築するためのMapBasicの、MapXtremeのとルーティングで補完OGCの規格で非常に堅牢なツール、、です。

クライアントレベルでは、MapInfoのは、WMS、WFS、SFSとGMLをサポートし、サーバーMapMarker、MapXtremeのとEnvinsaのように振る舞っている間は、彼らのピルエットを行います。 MapXtremeには、クライアントとサーバーの両方を実行します。

バージョン10の再設計は、以前のバージョンに基づいて、偉大な煙ですが、私は得る clip image00610 MapInfo: Yesterday, today and perhaps tomorrow彼らはアイスクリームベンダーの靴下のように判明しているような印象。 それは見ることができる、それがより多くのインターフェイスの改修も行われている、また、PostgreSQLにとPostGISのとの相互作用を含む以前のバージョンの多くの弱点を、実現するために多大な努力が非常に重要です。

おそらく明日

これについては悪いことでは公開会社としてによってほとんどのアクションを取得するということです 作者pitneybowes、MapInfoのがためになります もう一つのツール GISの優先順位を発行していない大企業の。 探し何作者pitneybowesがそのプラットフォームの場所に地理空間の調整を行うことができるツールであり、購入はツールのために有益よりも有害である可能性がありそう。

私の符号が負であるが、それは経済危機がたまらないとしない限り、その作成者は、彼が生成することができますお金が、それは生まれて見たことの誇りを見ているだけでなく、民間企業に起こらないもので、それはその最初ではありません出力には、落札者に売却または逃れで清算。

我々は彼らの市場シェアは重要で、市場よりは、両方向の忠誠心を維持するために期待するクライアントであるので、このようなことはありませ願っています。 CadCorpとして私がここで言及した多くのツール、および マニホールド GISはすでにその権限を持っていると思います

 

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.