教育版 – AutoCADの2018をダウンロードする方法

AutoCADの教育のバージョンでは、生徒と教師の両方のための完全に機能しています。 AutoCADのをダウンロードするには、次の手順に従う必要があります。

  1. オートデスクのWebサイトにアクセスします。

アカウントを入力するか、新しいものを作成します。

あなたは、教育のバージョンのダウンロードリンクを選択する必要があります。

https://www.autodesk.com/education/free-software/autocad

この場合、私は個人的な使用のために必要なライセンスを選択しています。

これは、ダウンロードに必要とされるバージョンを選択します。

私の場合は私が示しています AutoCADの2018年、英語でのWindows 64ビット、ため。

その後、サービスの条項に同意する必要があり、システムを使用すると、ダウンロードの準備ができたことをお知らせいたします。

2.ダウンロードのAutoCAD

ダウンロードが開始されると、それが呼ばれる私の場合には、小さなファイルをダウンロードします

AutoCAD_2018_English_Win_32_64bit_Trial_en-us_Setup_webinstall.exe。

実行ファイルを起動するときに、あなたが数分待たなければならないので、プログラムのダウンロードを示す画面があるでしょう。 サイズが4ギガバイトであるため、無線LAN接続を使用することが提案されています。 終了したら、インストールボタンが有効になります。

メールであなたはあなたが3年の耐用時間で2台のコンピュータにインストールすることができていることを示しているライセンスの確認を、受け取ることになります。

3. AutoCADの2018の要件

AutoCADの2018のための要件は次の表に記載されているものです。

システム要件 AutoCADの 2018
オペレーティング·システム §マイクロソフトWindows(登録商標)7 SP1(32ビットおよび64ビット)でのMicrosoft Windows 8.1を§ KB2919355 (32ビットおよび64ビット)更新

Microsoft Windowsの10条(のみ64ビット)

CPUの種類 32ビット: 1 GHz(ギガヘルツ)以上の32ビット(x86)プロセッサ64ビット: 1 GHz(ギガヘルツ)以上の64ビット(x64)プロセッサ
メモリ 32ビット: 2ギガバイト(4 GBを推奨)64ビット: 4ギガバイト(8 GBを推奨)
画面の解像度 Coventionalモニター:1360 x 768トゥルーカラーで(1920 x 1080を推奨しました)

高解像度モニタおよび4K:

Windowsの10でサポートされている3840×2160までの解像度、ビデオカードのメモリ容量を持つ64ビット。

ビデオカード 1360 x 768の容量、トゥルーカラーとDirecctX 9機能を持つビデオカードモニタアダプタ。 DirectX 11の互換性が推奨されます
ディスクスペース インストール4.0ギガバイト
ブラウザ WindowsインターネットExplorer®の11以上
ネットワーク 展開ウィザードを使用して展開。ライセンスサーバとネットワークライセンスに依存するアプリケーションを実行するすべてのワークステーションは、TCP / IPプロトコルを実行する必要があります。

または、マイクロソフトまたはNovell TCP / IPプロトコルスタックは、許容されています。 ワークステーションの主なログインがNetWareまたはWindowsのことができます。

アプリケーションでサポートされているオペレーティング・システムに加えて、ライセンスサーバーは、WindowsServer®2012は、Windows Server 2012 R2、およびWindows 2008 R2 Serverのエディションで実行されます。

Citrix®XenAppの™7.6、Citrix®XenDesktopの™7.6。

デバイス Windows互換マウスデバイス
スキャンテーブル WINTABとの互換性
デバイス(DVD) DVDをダウンロードまたはインストール
ToolClipsメディアプレイヤー Adobe Flash PlayerのV10以上
。ネットフレームワーク .NET Frameworkのバージョン4.6

 

geograficas a utm 2

Comments are closed.