Home > Excelからこれまで以上に簡単にAutoCADの、へ

Excelからこれまで以上に簡単にAutoCADの、へ

我々はすでに我々が行っていたが、もっと上に、前にこれを議論していた 要約 最高の、しかし、私は1つの最も簡単なバージョンデカルトのフォーラムのユーザーについて話すための誘惑を避けることができなかったの今日は正確にアップロードされていた。

それはポイントの経営のための完璧なデータ、ドットの名前とXYZ座標を、入力するための列を持つシンプルなExcelスプレッドシートです。 これらは、トータルステーションを用いて発生し、別のtxtカンマファイルに保存されます。 いつものように、マクロを有効にしていることが必要だということを忘れないでください。

clip image0019 From Excel to AutoCAD, more easier than ever

標高が考慮されている場合は、そのような色、文字サイズなど、い​​くつかの基本的なパラメータを設定することができます。

clip image0025 From Excel to AutoCAD, more easier than ever

このアプリケーションから単純なポイントはそれだけで任意のAutoCADのバージョンを開いて、OLEオブジェクトとしてデータを直接送信するメッシュポイントを構築するということです。 これは、別のレイヤーのポイント、コードとテキストで作成されます。

それは、すべてのポイントを表示するために完全な視力を作成する必要があり、そのZ座標とテキストでこれらの外出は0標高のまま。

それは非常に興味深いですし、コードが保護されていないように、我々はそれが構築された方法を学ぶことができます。

clip image0032 From Excel to AutoCAD, more easier than ever

私は、すでに使用したことがデータで試した 輪郭線を構築する のAutoCAD Civil 3Dのと、それが実際に動作する。 そこに行く それはパスワードを要求するか、それはもはや存在しないことができる前にと、できるだけ早くそれをダウンロードし、それは、デカルト·フォーラムに登録する必須です。

clip image0041 From Excel to AutoCAD, more easier than ever

 

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.