Home > ポリラインから輪郭(ステップ2)

ポリラインから輪郭(ステップ2)

で 以前の投稿 私たちは、輪郭が含まれている画像をジオリファレンスしていたが、今私たちは、Civil 3Dの輪郭に回したいと思います。

デジタルモードへの画像変換曲線

このため事実上ベントレーデカルトまたはESRIのArcScanを同等、オートデスクラスターデザインのようなプロセスを自動化するプログラムがあります。 この場合、私はポリラインを描く、それを手動でやる。

Smartlines このタスクに使用されますが、通常のポリラインべきではありません。

これは、主要な曲線の名前でレベルを作成することをお勧めします。 これは、視覚的な面のヘルプです。

これは、進行状況を表示するために、明細の0.30の厚さで作業することが好ましい。

LWTボタンは線の太さを見て有効にする必要があります。

clip image001214 Contours from polylines (Step 2)

曲線を平滑化し、参加。

このプロセスは、教育目的のために、それがどのように行われるかを見てみましょう、必ずしも必要ではないですが。 コマンドは、彼らはカーブとうまく動作しないことが、中断されたか、我々は非常に速く、いくつかの頂点を作っていたので、いくつかのポリラインが接続できなかったことが起こる。

  • ポリライン編集コマンドをアクティブにする ポリライン編集
  • で、複数の選択肢を選択してください M 手紙を押し 入力する
  • 我々は動作するように願っていたすべてのポリラインを選択してください
  • 参加するためにJを使用して、
  • 柔らかくするためにSを使用して、

clip image002150 Contours from polylines (Step 2)

ポリラインに割り当てる標高

我々は、プロパティを有効にして対応する標高を割り当て、曲線、一つずつをタッチする必要があります。 この場合、曲線はそれぞれ25センチメートルあるように、緑色の曲線は322になると、次のものが青色に到達する322.25、48,590、および322.75であろう

clip image003109 Contours from polylines (Step 2)水色のものの場合には、それはゾーンの動作がどのように決定するためにいくつかの基準を占めていることに注意してください。 プリンシパルが異なる色に置かれなければならない理由です。

あなたは、等角図を見て、すべてが上昇に残っていたことを確認できます。

[表示]> [3Dビュー> NEアイソメトリック.

輪郭にポリラインに変換します。

これを行うには、我々はで、左側のパネルに行く 探鉱者 タブ、新しいサーフェスを作成するTIN タイプ。

ここでは、一度表面を作成し、我々が表示され、そのうち、プロパティを表示することができます マスク、流域、と 定義。 どこの基準はこちらです 輪郭 表示されます。

右クリックボタンを作る 輪郭、次に選ぶ 加える.

説明では、曲線をスキャンした後、我々は置く OK。 この後、我々はデジタル化したすべてのポリラインを選択します。

そこから、三角測量がどのように生成されるかを見て。

曲線のプロパティを調整します。

これは、最初の時間のために行われたときに絶望をもたらすディテールを残している。 これは、輪郭線は、彼らが表示されていないように見えるということですが、デプロイ·プロパティの問題である。

このために、マウスの右ボタンを適用して選択する スタイルの面を編集。 このパネルでは、選択し 輪郭 タブ。 で 等高線間隔、我々はすべてがうまくいったかどうかをチェックするためにスキャンされたマップで使用されてきた同じ間隔を選択します。

主曲線は毎1.00とセカンダリそれぞれ0.25を描かれています。

clip image00479 Contours from polylines (Step 2)

そして、そこにはある。 プログラムが終了しようとするため、それは、極端に治療を行うことができることは明らかである 境界 別のシートとの連続性がないと仮定。 私たちは別の記事で私たちはGoogle Earthのデータとこれを比較するかどうか、私たちの観光地を推進します Pipiles‘友人。

clip image00547 Contours from polylines (Step 2)

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.